コネクテッド製品やサービスをもっと売るための4つのメソッド

Feature

消費者によるコネクテッド製品の利用は急激に増えています。2020年までに1世帯当たりのコネクテッド製品は10台になると見込まれています。(1)

Assurantの調査、The Connected Now Special Report(英文) では、コネクテッド製品の購入が進んでいる背景を明らかにしています。レポートでは、5つの消費者セグメントを特定しており、それぞれにコネクテッド製品を使いたいと思う理由や製品に関する不安が表れています。コネクテッド製品に対する関心は、すべてのセグメントで依然として高い一方、求められるサポートやプロテクションのタイプは、各消費者セグメントによって異なっています。

重要なことは、各セグメントのニーズを理解し、消費者が常に快適に「モノがつながる」生活、コネクテッドライフ、を楽しめるよう、セグメントに合わせてプログラムを調整できることです。消費者の嗜好や購買行動を理解することは、消費者体験を向上させながら、コネクテッド製品を販売する方法の基礎となります。各セグメントの傾向は、Assurantの電子書籍、「Connected Consumers: 5 Key Segments and How They Buy」(英文)で詳しく説明しています。

下記のレポートでは、コネクテッド製品やサービスをより多く販売するために役立つ4つのヒントをご紹介してています。

詳しくはこちらをダウンロードしてご確認ください。

https://www.assurant.co.jp/documents/librariesprovider2/default-document-library/ast04_002_chk_connected_products_j.pdf

(1) Frost & Sullivan, Connectivity and Convergence – Connected Living, March 2019