Assurant、テレフォニカ・グループとの提携により 包括的な下取りプログラムを開始

News Release

ニューヨーク、2022年1月13日 - 革新的なハウジングとライフスタイルソリューションを提供するグローバル・プロバイダーであるAssurant(NYSE:AIZ)は本日、スペインの大手通信業者Telefonica(以下、テレフォニカ)グループとのパートナーシップを拡大し、直営店、ディーラー、オンラインチャネル、サードパーティディーラーといった同社のすべての販売チャネルにおいて、端末のアプリおよびウェブブラウザベースの診断、下取りサービス、端末価格分析などの包括的な下取りプログラムを提供すると発表しました。

 

テレフォニカは、Assurantが独自に開発し特許を取得しているプラットフォームを利用して、スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、およびウェアラブル・ヒアラブル端末向けの下取りサービスへのアクセスを提供します。テレフォニカはAssurant傘下のスマートフォンのソフトウェア、下取り・アップグレードサービスを提供する大手プロバイダーのHYLA Mobileが保有する高度な下取り技術を活用し、端末アプリおよびウェブブラウザをベースとした遠隔での診断と下取り取引管理が可能となります。

 

Assurantのグローバル・コネクテッド・リビングのプレジデントであるビジュ・ナイア(Biju Nair)は次のように述べています。「下取りプログラムは、特に消費者による5G端末への移行が進む中、端末アップグレードプログラムと並んで、端末のライフサイクル管理の不可欠な部分となっています。当社の特許取得済みソフトウェア技術と下取りプラットフォームを、エンド・ツー・エンドのモバイル端末のライフサイクル管理機能と組み合わせることで、テレフォニカとその顧客にとって利益をもたらすイノベーションを実現し、サステナブルな活動を促進することができます。」

 

Assurantはテレフォニカと提携し、テレフォニカが市場リーダーとなっているスペイン、英国、ブラジルといった戦略的市場を含め、テレフォニカがサービスを展開する全市場に進出します。テレフォニカは、全世界で3億6,000万人超の顧客にサービスを提供しています。

 

テレフォニカのグローバル・サプライチェーン・ディレクターであるフェルナンド・バレロ(Fernando Valero)は次のように述べています。「Assurantは、実績のある革新的でシームレスなデジタルプラットフォームとグローバルのサプライチェーン管理機能を備えた端末下取り市場のリーダーとして、テレフォニカ・グループに最先端のソリューションを提供し、当社の各市場で最上の顧客体験をお届けします。」

 

下取りプログラムは、消費者には使用済みの端末と引き換えにお金が戻ってくるという便益をもたらし、通信業者には顧客維持率を高めるという便益をもたらします。さらに、何百万台もの使用済み携帯電話の廃棄処分を防ぐことで環境への影響を削減します。2020年だけで、Assurantは約150万台の携帯電話をリサイクルし、推計で2万3,800キログラムの銅、525キログラムの銀、51キログラムの金、23キログラムのパラジウムを回収しました。これらの貴金属は埋立地に廃棄されず、新たな資源採掘の必要性を低減することに貢献しています。


Assurant(アシュラント)について  

Assurant(NYSE:AIZ)は、革新的なハウジングとライフスタイルソリューションを提供するグローバル・プロバイダーです。グローバルな知見と絶えず変化する各地域の消費者ニーズの予測に基づき、世界の主要ブランドとのパートナーシップを通じて、最高の顧客体験に資する革新的なソリューションを提供します。世界21カ国で事業展開するフォーチュン500企業の1社であり、携帯端末ソリューション、延長サービス契約、車両保険サービス、レンターズ保険などを提供しています。また、当社が運営するAssurant Foundation (Assurant財団)は、地域社会の支援、発展、インクルージョン(一体性)を促し、将来のリーダー育成に貢献する慈善パートナーを支援することで、コミュニティーへの貢献を深めています。  

詳しくは、弊社ウェブサイト(英語) またはTwitter(英語)をご覧ください。