Assurant、CSRの一環として日本赤十字社への支援をスタート

News Release

Assurant Japan株式会社は、社会支援活動の一環として、日本赤十字社への支援をスタートしました。第一弾として、Assurantが運営する慈善団体であるAssurant Foundationを通して約100万円の寄付を実施。来年はさらに、Assurant Japanが取り扱う製品やサービスを活かして、日本赤十字社の活動を支援していくことを両社で確認しました。

Assurantは、「Protecting、connecting and inspiring(大切なものを守り、繋げ、導く)」という理念の元、世界中の地域で社会支援活動を行っています。Assurant Foundationは、目的・価値観・活動で協調できる非営利団体に対し、助成金、災害支援、マッチングギフト、支援物資の提供などを通じて、全世界で年間約400万米ドル(約4億円)を寄付しています。

今回Assurantが支援する日本赤十字社は、その長い歴史の中で、困難な状況下における「人道の実現」をミッションに掲げ、様々な救済・支援活動をしてきたという実績だけでなく、近年日本が直面している様々な危機、パンデミックや自然災害から、人々の命や健康、人としての尊厳を守るための活動を最前線で行っています。この度の寄付がそのような活動の助力に少しでもなれること、また引き続きAssurantの専門性を活かした支援を行うことで、日本赤十字社の活動がより広がることを願っています。

Assurant Foundationの詳しい活動内容は、下記をご覧ください。

AIZ-09329-2021-Assurant-Social-Responsibility-Report_031521_Final.pdf (q4cdn.com)